人事・総務・法務・知財

【2019年新卒】60年間、神戸・大阪の港を支え続けてきた優良企業で働いてみませんか?

商船港運株式会社

求人情報

【神戸港の貨物取扱トップシェア】港運業から地元関西の流通を支えるお仕事をしてみませんか?

こんな方に向いています

【商船港運株式会社はこんな思いを抱えている方を歓迎いたします!】
・経営基盤の安定した企業で地元神戸の街を支える仕事がしたい
・地元トップシェアの有力な企業で働きたい
・社内の部署を定期的に異動しながらキャリアを積める環境で働きたい
・チームでのコミュニケーションを取りながら仕事を進めたい
・堅実な仕事が評価される職場で働きたい
・事業責任者を目指せるような環境で働きたい

会社からのメッセージ

10年後の景気の変動も読めない昨今、たとえ大手企業や今をときめくベンチャー企業で就職ができてもその後が安泰とは限りません。

商船三井グループのネットワークを生かし、全国での貨物取扱量において国内第3位の神戸港、第5位の大阪港において、60年以上もの間貨物の取り扱いに関して中心的な役割を担い続けてきたのが当社、商船港運株式会社です。

昭和29年の創業以来、お客様の多様なニーズに柔軟に、迅速に対応しながら安全かつ確実な貨物輸送の手配、諸手続き、コンテナの保守、管理などを行ってきました。
日本全国はもちろん、アジアを中心とした世界中から毎日のように届けられる贈り物貨物を丁寧に大切に扱い続けた60年間こそが弊社の強みです。

神戸港における貨物の取扱量は阪神淡路大震災により一時期落ち込みましたが、着実に回復し、現在は震災前の水準となりました。

また、近年は急成長中の東南アジア諸国などとの貿易が活発化していることなどから船舶による輸送の機会は着実に増加しています。

どんな災害が起きても、時代が変わってどんなイノベーションが起こっても、そこに海がある限り船と港を通じた輸送はなくなりません。


この先も当社は神戸港を中心とした港の発展に貢献していきます。

この業界において、幅広いニーズへの柔軟、迅速な対応は欠かせません。
その点において弊社は業界で確固とした評価を受けております。
また、他の港運業者と共同でコンテナターミナルを運営するなど、伝統を持ちながらも柔軟な経営方針を持っています。
他社とも時に協力、時に切磋琢磨しながらこれからも関西の港を盛り上げていく所存です。

関西の港を盛り上げていく上で、さらなる若い力を必要としています。
経験を積んでもらいつつ充実した教育をし、ゆくゆくは会社を背負って立つ人材を育成していきます。
私たちと、安定と挑戦の日々を送りませんか?

様々なお客様の多種多様な貨物を扱う仕事です

コンテナターミナル内に本社を置くことでお客様の幅広いニーズに迅速に対応しています

当社は神戸港においてどの企業よりも多くの貨物を取り扱っています

募集背景

【そもそも一般港湾運送事業とは】
およそ4000年前から人類は船で海を往来していました。
それは人の移動手段でもあり、物の輸送手段でもありました。

一般港湾運送事業を簡単に説明すると海を渡って運ばれる貨物を港で受け取り、船に積み降ろしする仕事です。
一見単純な作業に思えるかもしれません。
しかし、船は一度に大量の貨物を運ぶ分、迅速な積み降ろしをしなければ港に船が滞留することにもなりかねず、事前の作業計画や手配が非常に重要となります。

こうした背景から港湾の仕事は単純な構造では成り立たないものとなっています。
迅速性、集約性を両立するためにその事業構造はとても細分化されています。

【一般港湾運送事業港業における当社】
この業界で重要視されているのが、「幅広いニーズへの柔軟、迅速な対応」です。
この点において低コストで質の高い仕事をしてきた当社は、神戸港、大阪港の流通において中心的な役割を担っています。

【募集背景】
近年その神戸港や大阪港においてはアジア諸国からの輸入の増加などを背景に貨物の取扱量が増えています。
輸出入される貨物の取り扱いの現場、荷役計画の作成と管理、書類作成や提出などの諸業務においてたくさんの労働力が必要とされています。
こうした中で弊社は将来的にも各世代の従業員が満遍なく在籍することで会社の継続性を保つため若い力を積極的に取り入れていく方針で、毎年新卒での総合職採用を行っております。

総合職からその後係長、課長代理を経て管理職へと昇進していく人は多くいます。
会社の将来を背負っていく人材を育てる第一段階がこの総合職の新卒採用とも言えます。
多種多様な顧客の多種多様なニーズに対応しながら各部署で学び、吸収していける若者を求めています。

募集要項

職種 総合職
雇用形態 新卒正社員
仕事内容 一口に港湾運送事業業といっても、貨物やコンテナを取り扱うにあたってはたくさんのステップがあります。
現場で貨物やコンテナの積み降ろしをする段階、輸出入品であれば通関の為の税関とのやりとり、あるいは顧客や関連する業者とのコミュニケーション、さらにはそれら全体の進行の計画を立てることなど、やることは様々です。
そして、書類作成、企画・計画から現場での指揮まで様々な業務があり、その他、異動により倉庫部門、海貨部門、営業部門、管理部門など様々な部署で経験できるのが総合職の特徴です。

具体的な港湾運送事業には、
・コンテナターミナル等における荷役計画の作成および、荷役作業の指揮。それに関連する各種手続、書類作成。
・顧客からの依頼を受け、輸出入貨物の通関、配送、保管等の手配。
・倉庫における貨物のコンテナ詰、コンテナ出しの計画作成および指示。
といった業務があります。

また、当社の強みである幅広いニーズに対しての柔軟、迅速な対応が特に求められる職種です。
当社の顧客は数も多くその種類も多様です。
こうした多種多様な顧客のニーズに対して、時には常識にとらわれることなく柔軟に対応する必要があります。


こうした経験を通じて最終的に会社を背負って立てる人材に成長して欲しいというのが
私どもの思いです。
応募条件 【必須条件】
・平成31年3月卒業予定者
・普通自動車免許(AT可、取得見込可)
税関官署への届出など自動車の利用が多い。

【求める人物像】
チームでの作業も多いため仲間や作業会社とのコミュニケーションを取ることが苦にならない方が望ましいです。
会社をしょって立つ人間になりたいといった、意欲あふれる方を歓迎します。
勤務地 ◆「就業場所」
 ○本社      : 神戸市中央区港島9丁目10番
 ○神戸事業部   : ー同ー
          : 神戸市東灘区向洋町東3丁目(六甲船客ターミナル)他
 ○大阪事業部   : 大阪市住之江区南港東6丁目3-59 
          : 大阪市住之江区南港東7丁目2-17
 ○営業開発グループ:大阪市中央区北久宝寺町4-3-5本町サミットビル4階

※配属場所については、神戸地区、大阪地区に配属予定
給与 初年度324万
残業手当別途支給
年二回賞与、年間5か月実績あり
勤務時間 09:00~17:00(休憩一時間) 時間外30時間程度
休日・休暇 土 日 祝
待遇・福利厚生 雇用 労災 健康 厚生 
企業年金:確定給付年金
退職金制度:あり 勤続3年以上
マイカー通勤 可(要承認)
通勤手当   通勤定期代支給 上限なし
(1)
研修の有無及びその内容
あり
社内研修の実施及び外部機関での階層別研修、通信教育
(2)
自己啓発支援の有無及びその内容
あり
業務に必要な規程に定める資格等についての報奨金、手当を支給

企業情報

商船港運株式会社

一般港湾運送事業
倉庫業
通関業
海運代理業
損害保険代理業
貨物運送取扱事業
傭船仲立業
内航海運業
不動産の賃貸並びに管理運営業
総合リース業

会社が目指すもの

創業以来60年以上もの間神戸港、大阪港の貨物流通を支えてきた当社ですが、その道のりは決して平坦なものだけではありませんでした。
90年代後半、関西圏の港は阪神淡路大震災などの影響で一時貨物流通量は落ち込み、困難な時期もありました。
それでも商船三井グループの一員として神戸港、大阪港を支え続け、見事復興を遂げました。
今や神戸港の貨物取扱量は震災以前の水準までに回復したのです。

さらに、近年では東南アジア諸国などの経済成長を背景に船舶による貨物輸送量は着実に増加しています。
船舶輸送は決して過去の輸送手段ではありません。

さて、海上輸送を利用する企業は多く、その種類もまた実に多種多様です。
多種多様なお客様には多種多様なニーズがあります。
長年荒波を乗り越えてきた背景には「幅広いニーズへの柔軟かつ迅速な対応」があります。
個別のニーズに対し柔軟に、迅速に対応してきたからこそ、神戸港、大阪港での当社の確固たる地位があります。
そしてこれからもその姿勢に変わりはありません。

お客様のニーズにお応えするためなら、競合他社との協力をも厭わないのが弊社の大きな強みの一つです。
実際に神戸港のコンテナターミナルにおいては弊社と他の港運業者と共同での運営が行われています。

地域に腰を据えながら、これまでの良い伝統を続けつつ時には柔軟に行動し、これからも関西の港の発展に寄与していくことが弊社の目指すところです。

会社概要

社名 商船港運株式会社
事業内容 その他
所在地 〒650-0045 兵庫県 神戸市中央区港島9丁目10番
電話番号 078-304-1200
設立 1954年9月
資本金 3億円
代表 平川 善晴
役員 代表取締役社長 平川善晴
社員数 103名