営業・営業企画

【大正13年創業】100から101ではなく、「0から1を作り上げる仕事」がオモシロイ。

木村石鹸工業株式会社

求人情報

【戦略的事業推進】事業を垂直に伸長!商品企画から営業までのあらゆるフェーズにコミットする企画営業職

こんな方に向いています

【木村石鹸工業株式会社は以下のような方を歓迎いたします】
・商品企画や商品開発から営業まで、事業全体に関わりたい方
・1つの決められた仕事だけではなく、経営視点での仕事をしたい方
・大きな裁量、自由を持って仕事をしたい方
・一企業を背負って立つだけの仕事がしたい方
・豊富なアイディアを仕事に生かしたい方

会社からのメッセージ

【時代のニーズに敏感であり続けた90年間】
大正13年の創業から石鹸を作り続けてはや90年、高品質な石鹸は当社を支えてきました。職人の手作業での製造によりできた石鹸は、常に高い評価を受けてきました。しかしながら時代も人のニーズも日々変化するものですので、過去の成功事例にすがることは停滞を招きかねません。

だからこそ、当社は人々のニーズの最先端に訴えかけるような商品を生み出してきました。古くは1960年代、浴場用洗剤の販売がその例となります。当時、銭湯の掃除係は磨き砂を用いて何時間もかけて風呂を掃除していました。この大変な重労働を見かねた当時の社長は、試行錯誤を重ねて石鹸を基にした風呂用洗剤を開発し、銭湯を中心に販売を開始しました。お風呂用洗剤の先駆けとなったこの商品はたいへんな反響を呼んだのです。身近なところにあるニーズを逃さなかった結果と言えるでしょう。近年もこうした姿勢は変わっておらず、「世界初のトイレのノズル洗浄剤の販売」など人々のニーズの先端にアンテナを張ることで評価を受けてきました。

また、今や一般的となったアロマ石鹸も最初は当社の試みから始まりました。
一見すると石鹸と関連の薄かったアロマなどの商品とのコラボも成功させるなど、斬新なアイディアやそれをすぐに取り入れる姿勢もまた当社の大きな強みとなりました。このような商品開発力の源は社内のシステムや雰囲気にあります。
定期的に役職に関わらず全員で行うアイディア出しの会や、社員30人だからこそのアットホームな雰囲気がこれからも新商品を生み出していきます。



【生み出した商品を買ってもらう工夫がさらに求められる今後】
創業90年の当社には、まだまだ成長の余地がたくさんあります。
例えば、当社がマーケティングに本腰を入れだしたのはマーケティング室ができたここ数年のことであり、当社の魅力ある製品を売り出すにおいてはまだまだ改善の余地があります。斬新なアイディアや高品質さに裏打ちされた当社の製品をもっとお客様に使ってもらいたい、そのためにも営業、マーケティングなどに関するさらなる取り組みが必要です。

まだまだ未発達なこうした分野で道を切り開いていける若い力を求めています。

昨年社長も世代交代、自社ブランドの開発に力を入れるなど新しい挑戦に取り組んでいます

本社と工場が一体となっており、アイディアがすぐに試作品として形になります

柔軟な発想のもと、石けんをもとにした様々な商品を世に送り出しています

募集背景

【「いいものを作れば売れる」時代の終焉】
品質だけで生き残れる時代は終わりました。
大企業が大量生産である程度の質の製品を生産できるようになった今日、高品質さに加えて新たなアイディアによる付加価値がない商品はなかなか売れません。さらにはいくら魅力ある製品でも、しっかりとPRしなければ消費者には気が付いてもらえません。品質と共に、斬新なアイディアやユーザー目線に立ったプロモーションが必要とされているのです。


【事業にコミットする人材の必要性】
職人の手作業により業界屈指の品質を誇る石鹸や、それを生かし斬新なアイディアによって数々の新製品を開発している当社ですが、その販売に関してはまだまだ改善の余地があります。近年、若手によりマーケティング室が立ち上げられるなど進歩は続いているもののまだまだ未発達と言える販売促進、営業の分野において社内の先駆者となる若い力を必要としています。時流に合わせた上でユーザー目線に立ち、「企画、アイディア出しのフェーズから販売促進、営業」など、非常に広範囲な業務領域をカバーし、事業にコミットできる人材が必要なのです。


【近年の当社の若返り、そして進化】
2016年、当社経営陣の若返りを図り、今後一層の事業伸長に加速をかける体制を構築しました。
現社長は、ベンチャー企業立ち上げの経験を持ち、老舗企業の歴史・経験値を活かしつつも、現代の移り変わりの激しい市場の変化に対応してまいります。経営陣にも新しい風が吹いている今、今後の当社を担う若手社員による、積極的な事業リード・変革を求めています。

募集要項

職種 企画営業職
雇用形態 中途正社員
仕事内容 【経験職種にこだわらない採用】
募集職種としては、企画営業職としていますが、対応頂く業務範囲は非常に広範囲で多岐にわたります。対応いただく業務は、応募者の能力や適性を踏まえ、最大限のパフォーマンスを発揮頂けると思われる業務をメインに業務をスタートしていただく方針です。基本的には、開発段階の商品の企画やその営業が主な業務内容となり、「社員全員が関わるアイディア出し、そして能力次第ではブランドのマーケティング」など、様々な段階の業務に携わることになります。


【アイディア・工夫がすぐに形になる職場】
当社で働く上での魅力として挙げられるのが、現場主義体制です。当社は本社と工場は隣接しており、良いアイディアについては、開発部門と連携しすぐに試作品を創ることが可能です。大手メーカーににありがちな煩雑な手続きによるスピードが遅れるなどがないよう、良質と思われる商品は試作品を作ったのちに、数量限定品などとして実際に販売し、市場のフィードバックを受け、その内容を反映し商品開発の精度を上げていくなど、試行錯誤するなど、中小企業ならではの身軽さを持ちます。大手メーカーで数年かけて行われるような商品の製品化が数日で行われることもあるくらいです。自分のアイディアがすぐに形になる上、販売促進、営業などの努力もすぐに成果を生み出します。


【0を1に、大企業では経験できない先駆者としての役割】
当社で求められるのは「100を101にする仕事」ではなく、「0を1にする仕事」です。仕事は与えられるものではなく、会社や製品にとって必要な仕事を自分で見つけて取り組んでいくことが求められます。実際に若手が主導し、近年マーケティング室が立ち上げられたのも、会社に足りない部分を主体的に補おうとした結果です。
応募条件 【歓迎する条件】
・チャレンジ精神
・失敗にめげない精神力

試行錯誤の繰り返しが求められる職場です。
チャレンジしないと何も生み出せませんし、チャレンジは時には失敗することもあります。
こうしたことを繰り返していける方を求めています。
逆に、チャレンジをしたうえでの失敗がとがめられることはありません。

失敗を恐れずに果敢にチャレンジし、失敗してもすぐに切り替えられるような人を求めています。
勤務地 本社…大阪府八尾市北亀井町2-1-30
【交通アクセス】 JR『久宝寺駅』より徒歩12分
給与 【モデル年収】
初年度 基本給17万2000円+役職手当等
18年目 月給25万1000円
勤務時間 9:00~17:00
休日・休暇 土日・祝日 (年間平均124日)
待遇・福利厚生 公共交通機関全額支給、その他社内規定に順ずる/社会保険等は法令順守

企業情報

木村石鹸工業株式会社

2014年木村石鹸は、創業90年を迎えることが出来ました。
ある文献によると、日本の全法人のうち、設立5年で約85%の企業が消え、10年以上存続出来る企業6.3%、設立20年続く会社は0.3%ということだそうです。このような厳しい競争社会の中で、無事90周年を迎えることができましたのも、皆さまのおかげと深く感謝致しております。
もちろん日本には、何百年と続く老舗企業が数多くあり、そういった先輩と較べれば、創業90年などは、まだまだ赤子のようなものかもしれません。世界的に見ても、日本には100年以上継続している企業が圧倒的に多いらしく、それは日本企業の特徴とも言えます。そういった、先輩「老舗」企業を見習い、私たちも、次の100年、そしてさらにその次と、継続繁栄していける企業でありたいと願っています。

会社が目指すもの

【創業90年。100年企業を目指す「木村石鹸」】
2014年、木村石鹸は、創業90年を迎えることが出来ました。
日本の全法人のうち、設立5年で約85%の企業が消え、10年以上存続出来る企業は6.3%、設立20年続く会社はわずか0.3%と言われます。
この厳しい競争社会の中で、無事90周年を迎えられたことへの感謝と共に、100年以上続く企業を形成していかなければならないと考えます。


【「伝統」と「変化を恐れない姿勢」という2つの圧倒的企業力】
当社の特徴は「伝統」と「変化を恐れない姿勢」の2点に集約されます。
「伝統」については、大正の創業時から続く石鹸の「釜焚き」による職人の手作業での製造がその代表例です。石鹸は油脂の種類、年間の気候、気温、湿度などさまざまな状況によって微妙な変化があるため、毎回同じようには製造ができません。なので、当社の職人は視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚をフル動員しています。アルカリの強弱は、製造中の石鹸を自らの舌で舐めて判断したりもするのです。一見すると旧時代的にも思えるこの製法で、現在の最新鋭の機械でも生み出せない高品質の石鹸を生産しています。

「変化を恐れない姿勢」を表しているのが、近年の新製品の開発です。
世界で初めてトイレのノズル掃除用の商品を売り出したのを皮切りに、日常のあらゆるシーンでのお掃除に関わる新商品を開発しました。時にはアロマオイルなど、一見すれば石鹸と関連が薄く思われるようなものとのコラボも成功させています。手洗いすらにも固形石鹸を使う機会が減ってしまった昨今、当社は日常に隠れた石鹸を必要としている機会に目を凝らし続け、柔軟な発想で様々な商品を生み出していったことで発展を遂げてきたのです。

老舗企業として伝統を大事にしながらも、その都度必要な変革がなされてきたからこその今があります。全法人の1%ほどしかノミネートされない「優良申告法人」に4回連続で選ばれてきたこともその証と言えます。

次の100年間も継続して栄えていくために、今後も「伝統」「変化を恐れない姿勢」を継続していくまいります。

昔ながらの釜炊き製法は屈指の高品質を誇る石けんを生み出しています

清掃活動などを通じ、地域とのつながりを大事にしています

100年企業へと向け、まだまだ道のりは長いです

会社概要

社名 木村石鹸工業株式会社
事業内容 製造業
所在地 〒581-0066 大阪府 八尾市北亀井町2丁目1−30
電話番号 072-994-7333
設立 1976年6月
資本金 2,900万円 ※創業1924年4月
代表 木村 祥一郎
役員 代表取締役社長 木村祥一郎
社員数 30名